包茎手術で改善できる症状とは?気になる包茎について教えます!

- 包茎手術をすれば改善する5つのこと

包茎手術をすれば改善する5つのこと

包茎手術をすることで、男性特有の悩みを解決できます。
自身でそう感じている場合は、それを排除することが基本です。
取り除くことで、生活をしやすくなります。
また自身ではそう感じていなかったけれど、実は他の人と比べることで問題があることもありますので、手術で改善するポイントを見て判断すると良いでしょう。

包茎で性行為が改善する

包茎を治療することはコンプレックスの解消として捉えられることが多いですが、実は性行為に大きな改善をもたらす手術であることがわかっています。
通常時でも包皮が亀頭に覆っているのが包茎です。
仮性包茎の場合は、性的興奮を得られたときに亀頭が顔を出しますが、通常に覆われている亀頭にとってみれば刺激が強くなります。
そうなることで早漏になりやすいのが包茎です。
常に亀頭が露出している状態であれば刺激に強くなり、性行為の時も射精の時間が長引き、パートナーを満足させることに期待を持つことができます。
また包茎は亀頭が先細りしたり、短小になる直接的な原因でもありますので、治療することでそれらも改善する可能性があるでしょう。


清潔になる

清潔になるのも包茎のメリットです。
恥垢が貯まりやすくなり、不衛生になることが包茎の人は多いです。
直接的に問題になることはあまりありませんが、臭いが強いことで、雰囲気が良くなって性行為のチャンスが訪れたときに、男性器を出せない原因になることもあります。
その恥垢を取り除かないと垢が貯まり亀頭包皮炎になってしまいます。
この亀頭包皮炎は治りにくいのが特徴です。
常に清潔にしていないと、なかなか改善しません。
包茎であるとジメジメした環境になりますので、原因となっている菌が活動しやすくなります。
それを改善するには包茎を治療して、乾燥する環境をつくることで症状が改善しやすくなるでしょう。

性病を未然に防ぐ

亀頭包皮炎も性病の一種としてあげられますが、尖圭コンジロームや淋病、クラミジアといった性行為によって感染する病気も未然に防ぐことが可能です。
男性は女性と比べて、性病になりにくいです。
それは男性器が外にあることで菌やウイルスを対外に排出しやすいからと言われています。
ただ包茎であった場合、包皮のなかに留まることで、それだけ菌やウイルス、そして原虫の脅威に晒されることになるでしょう。
包茎を治すことで、その脅威を未然に防ぐことに期待を持つことができます。

人前で堂々としていられる

共同生活をしていたり、男性同士で旅行に行くと浴室でモジモジしてしまうこともあります。
包茎である自身の男性器を皆に見せたくないからです。
日本人の7割ほどが包茎と言われており、そう聞くと安心しますが、3割が通常時でも亀頭を露出していますので、一緒に来ている友人もその割合に入っている可能性があります。
そうなると居心地が悪くなるでしょう。
そして意外と包茎ではない人が多いことに気付き、堂々とすることができなくなります。
包茎手術をすることでそのようなことを気にしないで済みますので、浴室でモジモジとすることも少なくなるでしょう。

男として自身が付く

包茎で女性の一言に傷ついた経験をしたことがある男性ほど、積極性を失うと言われています。
世の中のほとんどの女性が包茎を気にしませんが、付き合った女性が包茎が嫌いと発言することで、世の中の女性の多くが包茎を嫌うと思い込んでしまうのも男性の特徴です。
包茎で傷ついた経験がある人ほど、女性に対して積極性を失い、アプローチできなくなることも考えられます。
包茎を改善することで男としての自信を取り戻すことができます。
たとえ包茎で傷ついたことがない男性であっても、どこに出してもおかしくない男性器を出すことができますので、余裕も生まれるでしょう。
予期せぬ出会いで発生した男女の関係であっても、余裕を持って行動することができるようになります。

悩んでいるなら改善を

決して安い値段にはなりませんが、改善することが多いですので包茎を治療することは大きなメリットがあります。
それでも良いクリニックを選ばないと後悔することもありますので、この点は気を付けてください。
満足できる包茎手術を受けたいのであれば、専門クリニックを選択しましょう。
5つのポイントは男性であれば誰でも対象になることです。
改善することの方が多いですので、積極的に自身の包茎と向き合って、その結果剥けるようになることをおすすめします。

更新情報